まろのまじめな考え事を中心に書いていきます☆


by akira-factory
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

解雇Haaaai

舞妓Haaaanにもじってみましたが

今日は驚くべき事実を知りました。

まぁ知ったのは昨日なんですけど。



昨日は論文の謝辞を書いていました。


感謝すべき人は誰なのか考えているときに

ふと頭をよぎったのが


俺の去年の先輩のハイさんなんです。



彼はホントにひどい人でした。


ゼミ発表1週間前に俺から論文を奪ったり

実験をお願いしてたのに学校にこなくてパーになったり

中間発表で俺のデータを奪おうとしたり・・・


研究室のルール等も結局俺は分からない部分もあって
結局いろんな人に聞きまわったりしなきゃいけなかったし


挙句の果てに1年間やった結果が
菌が疑わしいという結果で

全てなしになったのですね。




彼に謝辞を・・・

とも考えたんですが


やっぱしいろいろ教えてもらった(特に精神的な面で)ということで

謝辞に加えることにしました。



けど彼はドクターをとれずに

この9月で研究室を出て行くことが濃厚だそうです。




なにやってんだろ、ハイさん・・・


せっかく国からお金もらってきてるのに
全然やらないし、女遊びばかり笑



でもそれほど焦ってるようには見えないし

困ってるようにも見えない。


いつも笑ってる。


結婚もしてる。




彼を見てると

日本人てまじめすぎるんかなとも
改めて思ったりする。



俺は多分彼のような
考え方はできないし(全部知ってるわけじゃないけど)


彼のように適当にも生きれないと思う。


だからその適当さは少し欲しいところではあるんだけどー。
(でもきっちりしてるわけじゃないからいやになったりするけどね)



そんな謝辞を書きながらデータをまとめてると


実験てやっぱし時間対効果の小さいものだなーって思ったりする。

わりとがんばったつもりだったけど

かけることはこれだけなのかーって。


そしてこれが分かったところで誰かの何かを変えたりできないしね~。
少なくとも実感はできんね。




安西先生が

「彼には中途半端なチーム練習より徹底的な個人練習が必要です」

と桜木花道を合宿に参加させないシーンがありました。



この院生生活は俺にとって徹底的な個人練習というやつでした。


ハイさんの次に上に先輩もつかなかったし。


今までの自分に足りなかったものの1つでした。




個人作業のための個人作業。




この論文を書き上げることが
最後の個人作業です。




今週しっかり追い込んでがんばろーっと><


みんなたいてい論文終わってるよね~


22日提出です☆
[PR]
by akira-factory | 2008-02-18 17:16